看護師の腰痛対策

腰をかがめて仕事をすることが多い看護師。その上、昼夜もない激務でもあるため、どうしても腰に持病を抱えてしまいがちな仕事です。しかも、ユニフォームの着用が義務付けられていて動かしにくいということもあり、どうしても腰痛に陥りやすくなってしまいます。そのため、何とか腰にかかる負担を軽減するような対策を講じなければなりません。ベルトやコルセットを着用しながら仕事をしている看護師は多いようです。もし腰に痛みが走るようなことがあれば、そういった装着具を身に付けるというのもひとつの手となります。とはいえ、まずは腰痛を発症させないということが第一です。たとえば、こまめにマッサージや整体・鍼灸などに通うようにしておくという方法もあります。腰にかかる負担を見越してこういったケアをしっかりしておくと、後々苦労せずに済むのではないでしょうか。しかし、激務が続くようなことがあると、マッサージや整体などにも通えなくなってしまうかもしれません。そういう場合は、こまめに自主的なストレッチを取り入れ、腰の負担を軽減するのがおすすめです。ちょっとしたストレッチをするだけでも、随分と違ってきます。もしそれでも腰に傷みを発してしまい、しかもひどい症状にまで発展してしまったのであれば、最終的には転職も視野に含めて考えていくことも必要です。同じ看護師の職場でも、より腰に負担のかからない環境の職場へ転職することで、腰痛を和らげることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です