看護師は腰を大切に

看護師の仕事は命に関わる重大な業務が多いですが、その中に腰にも負担のかかる業務がたくさんあります。看護師は業務範囲がとても広く、重たい荷物や医療機器の運搬を1人ですることもあるようです。また、多くの患者の移乗や介抱を中腰の状態で行ったりする作業も少なくありません。そのため、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアなどを患い、腰痛に苦しむ看護師が多くいます。これらは、重たい物を持つ仕事をする人に多いイメージですが、正確には姿勢の悪さとそれに伴って腰の筋肉に無理をさせる動作が主な原因となることが多いです。看護師に腰痛持ちが多いのも、中腰姿勢が多い業務が多くあることが主な要因となっています。腰の調子が悪ければ、業務に差し支えが出ることもあります。そのため、看護学校の授業では正しい姿勢で患者の介抱や移乗の方法を、実習形式で念入りに指導することが常識的に行われるようになってきました。病院でも、新人には入社時期に徹底して正しい姿勢の指導を行ったり、中堅やベテランクラスの人にも指導員を取り入れて勉強会を行う施設が増えてきているようです。現場では、スタッフ同士が腰を痛めないように助け合って業務を行う姿がよく見られます。腰痛を患ってしまうと、あまりの痛さに業務に差し支えがでたり、最悪仕事を休まなくてはいけなくなったりして周囲に迷惑をかけてしまうこともあるのです。腰は、一度痛めてしまうと治るのに時間がかかります。そして何度も繰り返してしまうものでもあるので、まず腰を痛めないように努力をするのが一番大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です