腰痛にはコルセットの着用

看護師の仕事は、動けない患者を寝た状態から起こしたり座った状態から車椅子に抱えてのせたりと、自分の体を使うことが多いです。また、これらの動作をいつも複数のスタッフで行うことができるといいのですが、人員不足という問題もあり、一人で行わなくてはいけないことも少なくありません。そして、結果的に腰痛を発症してしまうことに繋がります。腰痛は、看護師の職業病の1つともいわれているようです。しかし、痛みがあっても簡単には仕事を休める状況ではない看護師も多くいます。そのような時、看護師はどのような対処をしているのでしょうか。重症になると、ブロック注射を打って痛みの改善を図る看護師もいるようです。多くは、鎮痛剤の使用などによって痛みを軽減させています。しかし、薬の使用は根本的な改善にはなりません。そこでよく実践されているのが、腰痛の改善を図る体操です。仕事中は、腰を保護するためにコルセットを着用するようにしましょう。コルセットがあるのとないのでは、大きな違いがあります。コルセットにも、軸がついたものやないものがありますが、やはり軸があった方が腰を支持する力が強いために、腰痛の軽減には効果があるようです。また、痛みが長く続いていると、それをかばって歩行が不自然になったり、骨盤にゆがみが出ていることもあります。そのため、コルセットだけでなく骨盤ベルトの使用も効果的です。骨盤を正しい位置にしてしめることによって、痛みの軽減を図ることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です