腰痛に悩まされる看護師

看護師の仕事は、とても体力のいる仕事です。患者さんの状態にもよりますが、脳外科や緊急外来・内科において体を動かすことが困難な患者さんや意識レベルが低い患者さんの場合、車いすまで支えて動かしたり体の向きを変えたりと、毎日の仕事の中で自然と腰に負担がかかることをしています。もともとスポーツが好きで、ジョギングをしたりジムに行ったりと体力に自信がある看護師であっても、ジョギングをすることさえ辛くなってきたということもあるようです。日々の腰への負担が重なることで、知らず知らずのうちに体や腰が重く感じたりするといいます。スポーツが好きだったはずなのに、大好きなスポーツをするのが辛くなったり腰の痛みが取れないところまでくると重症です。病院に行って診断を受けたところ「軽い椎間板ヘルニア」と診断されることも少なくはありません。このような場合、なるべく安静にしておきましょう。仕事の時はコルセットを使ったり、時にはブロック注射を打つなど治療が必要になることもあります。病院だけでなく、高齢者施設などで働いている看護師も同じように腰痛に悩まされるようです。おむつ交換をしたりお風呂に入れたりと、患者さんの体を支えて行う仕事が多くあります。それもも理由の一つです。腰痛を感じながらも仕事を続けていると自然と腰をかばうため、急なぎっくり腰になる可能性が高くなります。仕事に対する責任感もあるかと思いますが、まずは自分の体の異変に気づき、症状が悪くならないように対処していくことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です